ニキビ跡 治療

わたしのニキビ跡治療について

私のニキビの治し方は、まずできてしまったニキビは、突ついたり、潰したりしないということです。できてしまったニキビを、突ついたり、潰してしまうと余計ひどくなったり、ニキビ跡になってしまう恐れがあるからです。これはとても重要なことだと思います。とにかく、手で触らないほうがいいと思います。ニキビができたらすごく気になるのですが、ほっておくことも重要なのです。ニキビ跡 消えるのもそう。

 

ニキビができているときには、極力、化粧とかしないほうがいいです。余計悪化したりしす。化粧とかすると、ニキビにも、やはり刺激し、ニキビが余計ひどくなったりします。化粧してしまうと、化粧落としもしなければいけないので、余計、ニキビに刺激を与えてしまいます。

 

洗顔で気をつけているところは、あまり熱いお湯で洗わないと言うことです。ぬるま湯がちょうどいいです。あまり熱いお湯だったら、顔の皮脂がたくさん出すぎるからです。皮脂がたくさん出ると、皮脂が余計に出るようになり、ニキビが出やすい体質になってしまいしまうからです。とにかく、ニキビを刺激しない事が重要です。ニキビ跡 赤みにならないよう気をつけています。

 

ずっと居座るアダルトニキビ

大人になってから、顎のあたりにできるようになって白く膿んだ大きなアダルトニキビ。このアダルトニキビは、繰り返しできるし必ず跡が残ってしまいます。やっと治ったと思ったらニキビ跡になり本当にやるせないです。ニキビ跡は、肌の温度がたかくなると赤く目立ってくるような気がします。

 

例えば夏の暑い日や、暖房ポカポカのオフィスの中なんかは、涼しいところにいる時よりも赤みが浮かび上がって目立ってうまく隠せず、結果ファンデーションの厚塗りに繋がるんですよね。大人になってからのアダルトニキビは、若い時と違ってなかなか治らないのが悩みです。

 

昔はあっという間に治っていたのに、今では大きいものは一週間は居座るんです。やはりお肌の回復力も落ちてるから跡になりやすいのでしょうか。薄塗りのファンデーションで外出できる方が羨ましいです。ニキビ跡に悩んでいる人は、ファンデーションは何よりもの必須アイテムですからね。必死に跡を隠すメイクは時間もかかるしお肌にも悪くて悪循環ですよね。